【国産全メーカー全車種取扱い】新車・中古車販売、板金塗装、車検、整備など、お車のことなら大船渡市の橋爪自動車商会へ

お気軽にお問い合わせください

カーリースの落とし穴

カーリースの落とし穴

※掲載画像はすべてイメージです
自動車は購入からリースの時代へ…と、いったキャッチコピーで
新車、中古車をリースで乗る広告が自動車業界では主流になりつつあります。

リースの内容も千差万別で、各社特徴をPRしていますが、
要は 購入と違ってリースは手元に購入資金がなくても契約できる
金融機関から購入資金を借りるといった手続きが無い という点が
とても使いやすいわけです。

また、月々のリース料金を抑えるため、「ボーナス併用払い」や
リース期間終了時の新車、中古車の価値を車両価格から差し引いてリース料を算定する「残価設定式の支払方法」など、
リースでもマイカーローン契約でもお客様のお支払いの負担軽減のために
あの手この手で月額リース支払額が少なくなるように工夫しています。

しかし、ここで リース契約には大きなリスクを背負って契約する といった点が
ほとんど説明されていません。

それは何かといいますと
リース車で全損事故を起こした場合についてなんです。

知っておきたい全損事故のリスク

カーリースの落とし穴
通常、リース契約の時点で
自動車保険は「対人、対物、人身傷害」等の補償が可能な条件で加入します。

さらに車両保険に加入して
万一、リース車が大破したときは保険金で車両を修理するわけですが、
損傷状態が酷く修理できない場合や
車両保険からの保険金では不足してお客様が手出しする場合があります。

また、車両が完全にスクラップ状態で
車を乗ることができなくなった場合にはリース解約ということになりますが
リース契約は途中解約した場合、リース期間最終年月までのリース料の未払い分を
一括返済しなくてはなりません。

車は無くなるは、リース料は残りの分全額支払うは、これは大変なことです。

このような最悪のケースが想定されるリスクがリース契約にはあるということです。

契約時には「リース特約」の確認を

そこでこのような最悪のケースにも対応できるように、
自動車保険を加入する際に「リース特約」といった特約条件のついた保険契約をすることで
万一、リース料の未払い分を一括返済しなくてはならなくなっても
保険金で支払うといった対応ができるようになります。

この点をリースを勧める自動車販売店がきちんと説明して
保険特約を付けて加入する内容でリース契約するのであれば大丈夫ですが、
説明なしで契約する場合もあるので、注意が必要です。

リースのことなら橋爪自動車商会へ

弊社は全メーカー新車を取扱いしますので
ご希望の新車でリースのお見積りが提案できます。

いろんなメーカーの車種のリース料を、選んで、比べて、ご検討いただけます。

詳しくは当店スタッフまでお問い合わせくださいませ。

タグ:

お気軽にお問い合わせください

call0192-27-7227

9:10~18:00 年中無休(年末年始を除く)

CONTACTお問い合わせ フォーム

      お名前

      必須

      メールアドレス

      必須

      メールドメイン「@arion.ocn.ne.jp」からの受信が可能なアドレスをご記入下さい
      お電話番号

      必須

      題名

      必須

      メッセージ本文

      必須

    お問い合わせ
    こちらから