【国産全メーカー全車種取扱い】新車・中古車販売、板金塗装、車検、整備など、お車のことなら大船渡市の橋爪自動車商会へ

お気軽にお問い合わせください

愛車のキズヘコミの上手な直し方!?

毎日、通勤に買い物にドライブに、愛車は大活躍のことと思います。

ところが…
予期せぬ時に愛車に傷をつけてしまって、ガッカリする時があります。

バンパーの角を擦ってしまった…

フェンダーにいたずらで線キズをつけられた…

隣の車がドアを開けたら強風で持っていかれて、自分の車のドアが凹んだ…

バックしたら死角にあった突起物に当たり凹んだ…

日常、いろんなケースで愛車が傷ついてしまうことがあります。

愛車のキズヘコミの上手な直し方
大切にしていた車の傷を見ると…

大切に乗ってきたのに…

今まで一度も傷つけたことがなかったのに…

と、想像以上にガッカリしてしまうものです。

そして次に考えるのが…

修理に幾らかかるのかな…?

と、修理代金が気になります。

そんな時こそ「保険を使おう!!」と考えますが、
鈑金塗装の金額と補償内容にもよりますが、
保険を使ったために、翌年から3年間保険料が髙くなってしまう場合もあります。

それゆえに、最近では愛車に傷がついても
我慢して直さないケースが結構見られます。

そこで今回は

予期せぬ愛車の傷修理を、家計にできるだけ負担をかけないで直す方法

をお伝えしたいと思います。

部位によっては交換が簡単に!

自動車は、簡単にみると次の16部位にて車体が分割しています。

①前バンパー
②ボンネット
③右フェンダー
④右前ドア
⑤右後ドア
⑥右前後ドアー下部のロッカーパネル
⑦右クォーター
⑧左フェンダー
⑨左前ドア
⑩左後ドア
⑪左前後ドアー下部のロッカーパネル
⑫左クォーター
⑬後バンパー
⑭トランクまたはバックドア
⑮ルーフ
⑯フロントガラス

以上の部位の中で、簡単に部品交換できない部分は

⑥右前後ドアー下部のロッカーパネル
⑦右クォーター
⑪左前後ドアー下部のロッカーパネル
⑫左クォーター
⑮ルーフ

になります。

これらの5つの部位は、ボルトを外して車体から簡単に外すことはできません。
外す際は溶接機材を使い、車体から切り取ります。

それ以外の10部位は、ボルトを外して車体から簡単に外すことができます。

この10部位に、鈑金塗装を必要とする傷や損傷のダメージをつけた場合は
鈑金塗装をすることなく元の状態に戻すことができます。

その方法とは…

中古部品を使って、傷のある部分をそっくり交換をする

という方法です。

愛車のキズヘコミの上手な直し方

中古部品との交換で時間と費用を節約!

どういう事かと言いますと…

たとえばバックドアに直径5㎝程度の凹み傷をつけてしまった場合、
鈑金塗装で修理すると、バックドアの凹みを修理して、
バックドア1枚を塗装することになります。
その場合、軽自動車でも「5万円~7万円の鈑金塗装費用」がかかります。

そこで、傷ついたバックドアと同色のバックドアを「中古部品」で調達します。

部品が入荷したら、傷ついたバックドアを車体から外し、
中古のバックドアと交換します。

作業時間も、およそ30分で完成です。

もちろん中古部品なので、小さなすり傷がついてる場合がありますが
もとの直径5㎝程度の凹み傷からみれば、ほとんど気になりません。

この方法だと「約3万円で修理完成」です。

保険を使わなくてもいいし、修理時間は何日もかからないし、
修理金額も半分くらいで済みます。

これが

「愛車のキズヘコミの上手な直し方」

でした。

車体の傷の状態によっては
ご紹介した方法が適用できない場合もあります。

詳しくは当店スタッフまでお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

call0192-27-7227

9:10~18:00 年中無休(年末年始を除く)

CONTACTお問い合わせ フォーム

      お名前

      必須

      メールアドレス

      必須

      メールドメイン「@arion.ocn.ne.jp」からの受信が可能なアドレスをご記入下さい
      お電話番号

      必須

      題名

      必須

      メッセージ本文

      必須

    お問い合わせ
    こちらから